PMSにカモミールローマン

女性特有の症状として、月経の前に様々な肉体的・精神的症状が生じるPMS(月経前症候群)ですが、原因が明確にわかっておらず、民間療法で対応することも少なくありません。

 

そのひとつがハーブティーですが、カモミールローマンは欧米ではカウンセリングの治療薬や摂食障害の臨床にも使用されるほど 不安やイライラといった精神面の問題解消に効果を発揮するので、PMSから生じる精神的な揺らぎ、そして肉体的な諸症状の改善にも有効であると考えられています。

 

カモミールは昔からお医者さんのハーブとして考えられていて、子供でも使用できる民間療法薬として有名です。寝つきを良くしたり、リラックスさせる効果があるとして、カモミールティーとしてよく利用されています。

 

カモミールローマンの香りはリラックス効果が高く、不安や恐怖・緊張を和らげ、寝つきを良くする効果があります。また、鎮静作用によって緊張や不安の緩和にも有効です。PMSによって精神的に不安定なとき、苛立ちや緊張が抜けないときに使用すると良いでしょう。

 

また、頭痛・腹痛・生理痛・歯痛など「痛み」全般に対して効果がありますから、PMSの症状の多くにも有効で、また消化器系の不調も改善する効果があるので、こうした問題がある場合にも効果的です。

 

体を温める作用もありますから、冷えやむくみの症状改善にも役立ちます。これらはPMSとも深い関わりがありますから、普段から飲んでおくと体質が変わってPMSの症状緩和にもつながっていくと期待されています。

 

多くの効果を持つカモミールローマンですが、即効性を期待するよりは日ごろから摂取しておくことが大切で、特に肉体への効果は一朝一夕では出ませんから、日常的に取り入れられるように工夫してみましょう。