わきがを抑えるのに効果のあるツボとは

わきが治療には、病院で行える外科的手術やボトックス治療などがあります。これらは西洋医学的な治療ですが、他にも漢方薬やツボを使った東洋医学的な治療法もあります。

 

漢方薬でわきがや多汗症、異常発汗などの症状に効果があるのは、防己黄著湯加牡蠣(ぼういおうぎとうかぼれい)、五苓散加牡蠣黄著(ごれいさんかぼれいおおぎ)、白虎湯加減(びゃっことうかげん)などです。

 

漢方はそもそも患部や症状そのものに効果があるわけではなく、原因に関係する要素に働きかけて体本来の機能を取り戻すことで健康になろうとするものです。そのため、時間はかかりますが、副作用などが少ないといわれます。また、個人の体質や症状に合わせた処方が必要になるため、漢方薬局などに行って調合してもらうことになります。

 

ツボの治療では、体の肝経という道に異変が起こることでわきがが起こると考えられています。肝経がある経路の上でツボを刺激すると、わきがに効果があるとされているのです。例えば、足の親指と人差し指の間にある行間(こうかん)というツボは、わきがに効果があるといわれます。

 

身熱をつかさどる栄穴というツボで、ここにお灸をすえるとわきがに大変効果があるというのです。お灸ができない場合には、指で行間が赤くなるまでゆっくり揉めば、わきがに効果があります。薬でわきがを治すことに抵抗がある人は、ツボのようなマッサージで対策してみてはいかがでしょうか。