わきが対策用制汗剤とは

数多く販売されるわきが対策製品ですが、当サイトはその中でも断然に効果があると評判のもの、使いやすさ、安全性に優れたものだけに注目し紹介しています。

 

どれも売上実績はもちろん、リピートにも優れているため確かなわきが抑制、制汗効果が実感できると思います!どうぞ参考にしてください。

 

 

デトランスαの特徴

デトランスαは、ヨーロッパNo.1デオドラントを誇るわきが・脇汗対策商品になります。気になる箇所に一塗りするだけのお手軽ケアと高い消臭・制汗力が人気となっています。日本未入荷ながら口コミが話題を呼び購入者が続出しています。1ヶ月分がリーズナブルな価格なのも魅力のポイントですね!

価格 2900円
評価 評価5
備考 日本未入荷品
 

 

 

ノアンデの特徴

ノアンデは、わきがと汗を同時に抑える2大有効成分を配合した制汗剤になります。臭いの菌の増殖を抑える成分シメン-5-オールと汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛が含まれており、これらがしっかりブロックします。また、殺菌率99.9%ながら無添加のため肌に優しい制汗剤に仕上がっています。

価格 4960円
評価 評価4
備考 120日間全額返金保証付
 

 

 

クリアネオの特徴

クリアネオは、殺菌成分と制汗成分をダブル配合した医薬部外品の制汗剤になります。臭いの発生源からしっかりとアプローチするため、気になるわきがや汗の臭いなどを抑えます。また、余計な化学成分は一切使用していないため、敏感肌の方でも安心してお使い頂けます。

価格 4980円
評価 評価3
備考 国産医薬部外品
 

 

わきがに効く制汗剤の選び方

 

市販されている制汗剤やデオドラント剤は「汗を抑える」「かいた汗を吸収してふき取る」「ニオイのもととなる菌の繁殖を抑える」「脱臭・消臭する」「いい香りで嫌なニオイを隠す」という作用を組み合わせて作られています。

 

この選び方を間違えると、あまり効果が得られないだけでなく、かえって嫌なニオイを発生させたり、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

 

もしわきがに悩んでいるなら、抗菌・殺菌作用があって、ロールオンタイプやクリームタイプなど、皮膚に直接塗るタイプが最適です。デオドラント剤の香りとわきがのニオイが混ざると、かえって不快なニオイになる心配があります。ですから、わきが対策には、無香料のものを選ぶようにしましょう。

 

わきがではないけれど、わきの汗や汗臭さを抑えたいという人には、さっぱりとして使用後のサラサラ感が得られるスプレータイプやパウダータイプがいいでしょう。殺菌作用の強いものより、制汗作用の高いものの方がよいでしょう。殺菌作用の強いものは、皮膚のかぶれや黒ずみなどの肌トラブルを招いてしまう可能性があります。

 

多汗症の場合、パウダータイプの制汗剤を使うと汗でパウダーが固まってしまったり、汗とパウダーが混ざって嫌なニオイになってしまうことがあるので注意が必要です。

 

わきがであろうとなかろうと、あまりデオドラント剤を多用するのは、体にとってよくありません。広い範囲に使いすぎると、汗腺をふさいでしまうことになるからです。使うときにはなるべく狭い範囲で、短時間を心がけましょう。

 

わきが用制汗剤デトランスα

 

ヨーロッパ人は、日本人に比べて体臭が強く、わきがもきつい人が多いのですが、そんなヨーロッパで大人気なのがデトランスαです。脇の下の汗を抑えて、ニオイもシャットアウトします。ニオイの原因である細菌の増殖を抑えて、わきが臭も抑えてくれます。

 

使い方は簡単。使い始めは毎晩使います。なぜ夜に塗るのかというと、寝ている間は汗をあまりかかないため、成分が感染まで浸透しやすく、より高い効果が得られるからです。汗をかかなくなったと感じたらだんだんと使用回数を減らしていきます。デトランスαがあれば、自信を持って人と接することもできますね。

 

10日に1回塗るだけで効果が抜群!

 

ニオイの原因である細菌の増殖を抑制し、細菌が汗を分解して出すニオイを予防します。汗を抑えることができ、汗ジミやニオイで恥ずかしい思いをすることはもうありません。また無香タイプなので、香水の邪魔にもなりません。

 

使っているうちに次第に汗の量が少なくなってきます。週に5回、3回と徐々に回数を減らし最終的には、10日に1回塗るだけでその効果が持続します。

 

毎回塗る必要がなく、気になったら塗ればいいだけです。とってもお得ですね。今なら、初回限定で4、800円が2、900円のお試し価格で購入することができます。わきがフリーの毎日を楽しんでください。

 

デトランスαの口コミ

 

30代/男性

 

小さい頃から汗っかきで、特にわきの下は汗染みがワイシャツについて、暑くても背広が脱げません。会社の女子からは「暑苦しい」と思われているらしいです。

 

自分では気が付きませんが、やっぱりわきがもキツイんだろうなと思うと、自分から女の子に声をかけることもできません。

 

藁をもつかむ思いでデトランスαを試してみました。試して翌日には激変が。ワイシャツに汗染みが付かなくなりました。だんだん汗が少なくなってきたのが実感できました。デトランスαに会えて自分にも自信が持てるようになりました。

 

▼デトランスαの公式サイトはコチラ▼

デトランスα

 

眼精疲労の解消方法

 

老眼・目の老化を防ぐサングラス
目の老化や老眼を防ぐ方法として、サングラスをかけることがいいでしょう。ここでは紫外線が目の老化を進めるわけやサングラスの効果について見ていきましょう。サングラスの老眼を防ぐ効果は?紫外線が目の老化を進めるわけについて見ていきます。

 

【紫外線が目に与える悪影響】
紫外線は太陽光の中にふくまれ、見えないものです。紫外線もUV-A、UV-B、UV-Cと他に分けられています。「UVカット」という言葉のついた商品を見ますが、紫外線(Ultra-Violet)の頭文字をとってUVと表記されます。紫外線とUVは同じ意味ということです。

 

この紫外線は色々な悪影響があると言われています。目に関していえば目の「水晶体」が影響を受けます。水晶体が紫外線を受けると「フリーラジカル」という「活性酸素」が生まれます。活性酸素の酸化作用で水晶体のたんぱく質が固くなり弾力が失われます。これが「老眼の元」になっているのです。

 

老眼は目の水晶体が固くなり焦点の合う範囲が狭くなって、近くのものが見えにくくなることです。一般的には40代から目の老化が始まると言いますが、紫外線を浴びれば浴びる程目の老化が進行するので、若い世代でも注意が必要です。

 

【サングラスの効果】
サングラスは太陽のまぶしい光を和らげ、紫外線もカットしてくれる役割を持っています。サングラスでもUV加工がされているものを選べば紫外線対策として効果が保証されます。

 

サングラス自体の価格が高ければいいというものではありませんが、あまりに安価だと不安になるので、確実に防いでくれるものを選びたいものです。また色の濃淡は紫外線のカットにはあまり関係がないので、「UVカット」と書かれているか良く見るようにしましょう。

 

色の濃いサングラスは太陽光を和らげますが、あたりの景色が暗く見えます。暗くなると光を多く取り入れようと瞳孔が開き、水晶体に入ってくる光、つまり紫外線の量も多くなので、サングラス周辺にあたった光が跳ね返ったり、回り込んで入ってくるのです。

 

その点薄い色のサングラスは同行が閉じぎみになり、サングラス周辺から目に入る紫外線の量を抑えることができます。徹底的に紫外線をカットしたい人は、薄い色のサングラスをかけるようにしましょう。

 

紫外線を避けることは、目の疲れの解消に直接かかわる方法ではないのですが、目の老化を防ぐためにもサングラスは必要です。目の老化は焦点が合わなくなり、合わせようとするとエネルギーを使い目に負担がかかります。老眼でない人も、老眼の気配を感じてきた人も先のことを考え対策をしていた方がいいでしょう。

 

サプリはちらがが効果的!>>>カシスサプリ ランキング

 

 

更新履歴